年間メンテナンス剪定3回の作業内容と理由

主な作業内容 やるべきでない作業
  • 秋、冬に剪定できなかった樹木
  • 1年で1番勢いのある枝 (新芽) の抑制
  • 不要枝の整理 (立ち枝、逆さ枝、車枝等)
  • 松の芽摘み等
  • 芝生の草除去、刈り込み等
  • 夏に花が咲く樹木 (6月~8月に花が咲く)
    例) アジサイ、オリーブ、サルスベリ、カキ、柑橘系等
  • 期を熟していない (新芽が目立つ) 造り物等
    例) マキ類、他、松を除く造り物
    剪定による葉の変色、水分不足の恐れがある為
  • 春に剪定できなかった樹木
  • 生垣の刈り込み等
  • 芝生の草除去、刈り込み等
  • 秋、冬に花が咲く樹木 (8月~10月に花が咲く)
    例) キンモクセイ、サルスベリ、ムクゲ等
  • 暑さにより剪定ダメージの可能性が生じる落葉樹等
秋・冬
  • 夏に剪定できなかった樹木
  • 落ち葉になりうる葉の整理 例) モクレン、一部の針葉樹
  • 生垣の刈り込み等
  • 芝生の草除去、刈り込み等
  • 新春から花が咲く樹木 (1月~6月上旬に花が咲く)
    例) 椿、梅、桜、モクレン、コブシ、ツツジ、ミモザ等
年間メンテナンス 他作業
主に出現する害虫に対する消毒 5月
アブラムシ、テントウ虫 (黒)
7月
チャドクガ、毛虫全般
9月
イラガ、毛虫全般
施肥 [礼肥] 夏剪定後~9月上旬までの間
[寒肥] 秋冬剪定後~11月~1月下旬までの間

他社でよくある年間メンテナンス2回剪定を五行園がお勧めしない理由

~ 他社 ~
  • 枝が伸びきった状態からの剪定になる為、作業金額、作業時間が大幅に上がる。
  • 年間通して荒れない庭造りができない。
  • 花芽の時期に合わず適切な剪定ができない。
  • 落葉樹等の剪定による水枯れ防止。
特に多いのが盆・暮れの【年間】2回剪定です!
一番大事なのは新緑が芽吹く春からの剪定作業です。徒長枝を始め、不要枝の枝抜き等も時期は春が適しています。
近年の突発的な異常気象を想定内として職人陣が臨機応変に対応する為、年2回の剪定では季節に見合ったお庭は作れないのです。